ヘアスタイル

【40代のメンズでもいける?】美容師がシルバー、アッシュグレーのメリット・デメリットを解説

この記事でわかること

  • シルバー、アッシュグレーの発色について
  • シルバー、アッシュグレーは40代でも大丈夫!
  • メリット、デメリットについて解説

アッシュグレーにしたいけど、どうすればいいかわからない。

そんな方はいませんか?

今回は40代の男性に人気のあるシルバー、アッシュグレーについて解説させていただきます。

美容師がわかりやすくまとめていきますので、ぜひ参考にしてください

シルバーグレー、アッシュグレーはグレイヘアにするためのカラーと定義しています。
40代で白髪を馴染ませるために使う場合を想定して記事を書いていますので、ご了承ください。

シルバーグレー・アッシュグレーとは?|全体を白髪に近づける究極の白髪染め

引用:Pinterest

ブリーチをして髪を白に近づけることで白髪に馴染ませる

究極の白髪染めって一体どういうこと?

黒髪を白に近づけることで、意図的にグレイヘアを作り出すことができます!

黒と白髪が混じっているとどうしても老けた印象になってしまい、気にしている人も多いはずです。

ただ、全体を白にすることにより、おしゃれなグレイヘアになります。

通常ではできない全体を白髪にして、おしゃれさをあえて作り出すことで、究極の白髪染めができるんです!

シルバーグレー・アッシュグレーにするための手順|ブリーチは必須になります

  1. ブリーチを2〜3回してベースを明るくする
  2. 白に染まるカラーをしてホワイトさを出す

シルバーグレー、アッシュグレーはブリーチが必須です。

グレイ強めのヘアスタイルなら、ブリーチ1回で済む場合もありますが白っぽい色にするなら2回以上は必要になります。

シルバーグレー・アッシュグレーのメリット|グレイヘアの良さが出る

  1. 白髪が伸びても目立たない
  2. グレイヘアになるので、個性的な雰囲気を出すことができる

メリットについて解説させていただきます!

メリット①|白髪が伸びても目立たない

全体を一度白髪にすることで、白髪が生えてきても目立たない

全体を一度シルバーにすることで、新しく生えてくる白髪がなじみます。

なので白髪染めをしなくてもそのまま毛先の色と馴染んでいくのがメリットになります。

メリット②|グレイヘアになるので、個性的な雰囲気を出すことができる

グレイヘアはダンディな雰囲気もある

男性のグレイヘアはダンディで、個性的な印象があります。

イケおじなスタイルなので、合う人にはたまらないかっこよさがありますね!

シルバーグレー・アッシュグレーのデメリット

  1. ブリーチが必要なので、お金と時間がかかる
  2. メンテナンスをしないと汚く見える可能性がある
  3. 似合う、似合わないがはっきり出るので、人は選ぶ

ただ、デメリット多いのも事実です。
わかりやすく解説していきますね

デメリット①|ブリーチが必要なので、お金と時間がかかる

ブリーチが必要なので、お金と時間がかかることは必須

ブリーチ2回して、上からヘアカラーで色を被せる場合は、3回のカラーをします。

これだけで2時間〜3時間かかることが決まり、さらにカットを追加したら30分はかかります。

メンズカットだけでしたら、1時間ほどあれば終わるメニューがシルバーにすることにより時間がかかるのはデメリットになると思います。

長時間かかることがストレスになる人には難しいかも

デメリット②|メンテナンスをしないと汚く見える可能性がある

メンテナンスをしないと色が落ちてきて、キレイにならない

自然なシルバーではなく、作ったシルバーなため何もしないと汚く見える可能性があります。

また、根元の黒が多い人はプリンの状態にもなってしまうので定期的なブリーチが必要になります。

白髪の割合によって、カラーの頻度は変わりますがメンテナンスありきなことは確認して染めてほしいです。

デメリット③|似合う、似合わないがはっきり出るので、人は選ぶ

人によっては老けて見える可能性もある

全体を白髪っぽくすることで、おしゃれではなく老けて見える可能性は大いにあります。

なので、ヘアスタイルにこだわって、ファッションにもこだわり、おしゃれのために白髪っぽくしていることがわかる人の方が似合う人は多い印象があります。

難易度は高いヘアカラーになりますので、デメリットとして紹介しました。

シルバーグレー・アッシュグレーは色落ちしたら汚いの?色落ち後は?

ブリーチの回数にもよるが、色落ちはキレイ

ブリーチを2〜3回してホワイトに近い人は、ヘアカラーの中でもトップクラスに良いです。

色落ちがキレイなのは、ブリーチ回数の多さが理由です。

基本的にブリーチ回数が多いほど、色落ちはキレイになります。

ブリーチ回数が甘くて、グレーが強い人は色落ちすると黄色っぽさが出てしまうため汚く見える可能性もあります。

ブリーチ回数でどれほど明るくできるかによって色落ち後は変わりますので、ご確認お願いします。

まとめ|シルバーグレー・アッシュグレーは40代のメンズこそ似合うしかっこいい

シルバーグレー、アッシュグレーについてまとめさせていただきました。

40代でブリーチをするのはどうなの?と考える人もいそうですが、40代の男性だからこそグレイヘアは似合います。

ぜひ挑戦していただければと思います!

シルバーグレー、アッシュグレーはグレイヘアにするためのカラーと定義しています。
40代で白髪を馴染ませるために使う場合を想定して記事を書いていますので、ご了承ください。

    -ヘアスタイル