ヘアスタイル

【髪が伸ばしっぱなしの男性へ】もっさりせずに伸ばす方法を美容師が解説

この記事でわかること

  • 髪の毛が1ヶ月で伸びる長さについて
  • もっさりしてきたときの対処法
  • 男性が髪を伸ばすために必要なこと

何も考えないで髪を伸ばしていたら、もっさりしてきてかっこ悪くなった

髪を切りに行くのがめんどくさい、髪を伸ばそうとしてそのままにしていたら、もっさりと膨らんでしまった経験ありませんか?

今回は「髪がもっさりする原因・対処法」について解説していきます。

先に結論を言いますと。

もっさりさせないために必要なことは、メンテナンスカットとケアをすること

この記事を見ていただければ、もっさり髪をどうすればいいかがわかります。

美容師がわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

髪の毛は1ヶ月でどのくらい伸びるの?|1〜1.5センチといわれている

人の髪の毛が一日に伸びる長さは、大体0.3〜0.4ミリと言われています。

このペースで1ヶ月経過すると、約1センチ前後髪の毛が伸びるということになります。 

月に1〜1.5センチ伸びると覚えていただけると間違いないです!

友達で3㎝くらい伸びるっていっている人いるけど、どうなの?

それは、、、はっきり言いますが勘違いです。
髪の伸びるスピードは細胞が関係してくるので、人によって大きな違いはありません。

少しだけ難しい話

そもそも髪の毛はどうやって伸びるのでしょうか?

その仕組みは、髪の毛の根元に毛乳頭という組織があり、その周りにある毛母細胞という細胞が毛乳頭から必要な栄養素や酸素を受け取って細胞分裂を起こす、というものです。

この仕組みを知ると、髪を早く伸ばしたい場合は毛母細胞の増殖を速めれば良い、となりますが難しくて。

髪の毛の伸びる速度は、遅くなることはあっても、速くなることはありません。

というのも細胞分裂の速度には限界があるので、1ヶ月に1センチ前後というスピードが限界でそれ以上速くなることはないからです。

細胞の話で難しいとは思いますが、科学的に3センチ伸びることはありません。
マッサージをしたからといって、食生活をよくしたからといって限界があるのでご理解お願いします。

もっさりしてきた?|髪を伸ばしたい男性に2つのアドバイス

  • 伸ばしっぱなしではなく、メンテナンスカットをする
  • スタイリング剤とセットの仕方を変えて清潔感を演出

髪を伸ばしている途中は、もっさりとしてきますしまとまりが悪くなります。

いくら伸ばしているからといって、何もしないと清潔感がなくなってしまうので放置はNGです!

伸ばし過程でやってほしいことを美容師目線で2点だけアドバイスさせてください!

伸ばしっぱなしではなく、メンテナンスカットをする

髪の毛を伸ばす時も定期的にメンテナンスカットをすることによって、髪の毛の扱いやすさやまとまりが変わります!

メンテナンスカットのメリット

  • 伸ばし途中の髪の毛は絡まったり引っ掛かったりが減り切れ毛や枝毛を予防できる
  • 髪の伸びるスピードは均一ではないため、伸ばし途中ではバラツキが出てまとまりが悪くなるがカットすることで解消できる
  • 乾かすだけでもまとまりが良くなるため、スタイリング時間を短縮できる

メンテナンスカットがいらないと思われがちですが、メンズの場合は定期的なカットは必須になります。

というのも少し長さが伸びるだけで印象が変わり、まとまりが悪くなるので、何もしないことによるデメリットの方が圧倒的に大きいからです。

まとまりもそうですが、清潔感や印象を考えた時もカットは大切ですからね!

スタイリング剤とセットの仕方を変えて清潔感を演出

髪の毛を伸ばしている途中の男性は、伸ばしっぱなし感が出てしまうと清潔感がなくなってしまいます。

例えば前髪は特に注意したいところで、何もしないととても鬱陶しくなります。さらに、前髪が目にかかってしまうと眼精疲労になるなど、他の問題も出てきます。

伸ばし途中の前髪は、センター分けにしたりサイドに流したりといった工夫をしたほうが良いでしょう。

全体にもっさりしてきたり広がってしまっている場合は、マットワックスではなく、ジェルやグリースを使い固めながらセットすることでボリュームを抑えることも可能です!

重たくて清潔感に欠けるのであれば、サイドの髪を耳にかけて、耳を出してあげるなどすれば、一気に雰囲気が変わります。

伸ばし途中の清潔感や印象は、セット次第でかなり変わります。ぜひスタイリング剤を使ってしっかりセットしましょう!

髪を伸ばす途中で諦めないために意識してほしいこと

  • 髪を少しでも早く伸ばすために生活習慣を見直す
  • 定期的にカットをして、伸ばし途中の長さも楽しむ
  • 綺麗に髪を伸ばす方法を男性でも意識してほしい

男性が髪を伸ばす途中で挫折をしてしまう人も多いです。

挫折をしないために意識してほしいことを解説しますので、参考にしてください!

髪を少しでも早く伸ばすために生活習慣を見直す

髪の毛を少しでも早く伸ばすためには、生活習慣の見直しがとても重要です。

髪の毛が伸びる早さには個人差がありますが、実はこれは生活習慣が乱れている人が髪の伸びる速度が遅くなるので、普通に健康的な生活をしている人は髪が伸びるのが早いと感じる、というのが実際のところです。

なので髪の成長が遅くならないように、バランスの取れた食事で髪に必要な栄養を摂取したり、十分な睡眠をとってホルモンバランスや自律神経を整えたりすることが大事です。

一見すると生活習慣の見直しというのは、髪の毛の伸びるスピードとは関係ないように思うかもしれませんし、また男性の場合は細かいことをあまり気にしない、という性格の方も多いかもしれません。

ですが、髪の毛を伸ばす上では地味に効いてきますので、せひ生活習慣を整えるように心がけていきましょう。

髪だけではなく、健康のためにも重要なことなので気をつけたいですね

定期的にカットをして、伸ばし途中の長さも楽しむ

髪の毛を伸ばす途中で、あまりにも髪の毛が重たくもっさりになりすぎたり、また精神的な問題で飽きてきたりして、結局途中で諦めて短くしてしまうという方は少なくありません。

意外に思うことなのですが、実は髪の毛を伸ばしたければ、定期的にカットしたほうが良いです。

伸ばしっぱなしで長さがバラバラの毛先を整えたりするだけでも、かなり清潔感を出すことができますし、もっさり感も解消できます。

カットで雰囲気がガラっと変われば、飽きも解消できて、段々髪が伸びていくのが楽しくなってきたりもします。

また伸ばしている途中は、その段階に応じたヘアセットやアレンジの仕方などもあるので、セットをすることで途中段階のオシャレも楽しめます。

何もカット等をせずに完全放置という伸ばし方では、実はかなり失敗確率は高いです。

定期的に美容院に通って、しっかりカットをすることで、結果的に早くキレイに髪を伸ばすことができるのでおすすめです。

伸ばし途中すら楽しむ気持ちで過ごすことが大切になります!

綺麗に髪を伸ばす方法を男性でも意識してほしい

お伝えしたいことは、ヘアケア意識を持ってほしいということ。

髪を伸ばすときにヘアケアを適当にすると長くなった際にダメージによるパサつきや指通りの悪さが気になる可能性があります。

ヘアケアで大切なこと

  • シャンプーを見直す
  • ヘアオイルを使う
  • ヘアカラー・パーマを控える

1つずつ解説していきますね!

ヘアケア意識①|シャンプーを見直す

ポイント

  • 洗浄力は適度にあるものを選ぶ
  • 髪のダメージに合わせて内容成分も確かめる
  • 使いたくなる使用感

今回選ぶ上で大切なポイントを3つ紹介します!

洗浄力は適度にあるものを選ぶ

種類洗浄力代表成分
高級アルコール系ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸アンモニウム
アミノ酸系弱〜強ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルグルタミン酸TEA
ココイルメチルタウリンNa
ベタイン系弱〜中コカミドプロピルベタイン
ラウラミドプロプルベタイン
PPT系ココイル加水分解ケラチンK
ラウロイル加水分解コラーゲンNa
石鹸系石けん素地
カリ石けん素地

洗浄力を決める界面活性剤にも色々な種類がありますが、それぞれ個性が違うので「髪質や悩みに合う洗浄成分」があります。

人によっておすすめは変わりますが共通していることは洗浄力は適度にあるものを選ぶこと。

女性より皮脂量が多く匂いやベタつきやすいのでマイルドな洗浄力すぎると洗いきれない可能性があります。

色々なケースが想定できるから、細分化して紹介しますね!

髪のダメージに合わせて内容成分も確かめる

種類代表成分
補修成分ペリセア
加水分解ケラチン
ヘマチン
保湿成分リピジュア
ホホバオイル

さまざまな研究結果から髪への浸透がよく、効果が期待できる成分なのでシャンプーに配合されていると効果を実感しやすいです。

ヘアカラーやパーマをして、髪がダメージを受けている場合は内容成分にも注目していただけるとまとまりが良くなります!

おすすめのシャンプーが知りたい人はまとめていますので、参考にしてください!

ヘアケア意識②|ヘアオイルを使う

ヘアオイルは女性のもの、という時代は終わり男性でも髪のためにヘアオイルをつける人が増えています。

髪の保湿と保護をしてくれ、まとまりの良さとダメージしにくい状態にしてくれることで綺麗に髪を伸ばすことができます。

ドライヤーの前にヘアオイルをつけて乾かすことにより、髪の弾力やまとまりは大きく変わりますので、ぜひ試してほしいです。

ヘアケア意識③|ヘアカラー・パーマを控える

髪を伸ばす際に注意してほしいのがヘアカラーやパーマを控えてほしいということ。

髪はダメージするほど扱いにくく、まとまりにくい状態になります。

引っ掛かりや抜け毛が増えることで長くする気がなくなってしまい髪を切ってしまう人も多いです。

どのくらい長くするかによって変わりますが、髪を伸ばすならなるべく痛むことはしないことがポイントになります。

我慢は良くないですが、理想の髪型のために考えてほしいです!

まとめ|男性でもっさりせずに伸ばすならメンテナンスとケアは必須

今回はもっさりせずに髪を伸ばす方法を解説しました。

伸ばすだけなら何もしなくてもいいと勘違いする人もいると思いますが、何もしないとまとまりが悪くなってしまいもっさりとしてきます。

もっさりしないために大切なこと

  • 定期的なメンテナンスカットで重たいところを削ってもらい、長さを合わせてもらう
  • ヘアケア意識を高めて、パサつきにくい髪の状態をキープして清潔感を保つ

髪のまとまりを意識することで、不潔な印象を与えず、綺麗に伸ばすことができます。

男性にとって清潔感は必須な要素になりますので、ぜひ意識していただけると嬉しいです。

一緒に清潔感のある男性を目指しましょう!

    -ヘアスタイル